インプラント

インプラントとは?

インプラントによる治療 ■インプラントの利点

歯がなくなる(抜ける)と一般的には入れ歯やブリッジといった方法をとりますが、直接には固定されないため異物感を感じる場合もあります。

インプラント(人工歯根)は、直接顎の骨に固定させるため、自分の歯に近い感じを持つことができます。といってもだれでも簡単にできるものではありません。
患者様の健康状態や噛み合わせなど、考慮する点が多々あり術後も長期ケアを必要とします。

しらみず歯科では十分な説明と患者さんの理解により第3の歯「インプラント」を提供しています。

インプラントのメリット(他の治療法との比較)

インプラント

インプラント


■良い点
・インプラントは、歯のない部分だけを補うので違和感が少なく、 天然の歯と同じ様な感覚で噛むことができます。
・インプラントは、天然歯と見た目同じように再現できます。
・インプラントは、基本的に隣の歯を削る必要がありません。
・インプラントを入れることで周囲の骨の吸収を防ぎます。

■留意点
・インプラントは、抜歯と同程度の手術が必要です。
・CT撮影の診査結果によってはインプラント治療が行えない場合があります。
・インプラントは、義歯やブリッジに比べて治療費がかかります。
 

ブリッジ


■良い点
・ブリッジは、取り外しをしないので違和感が少なくすみます。
・ブリッジは、天然歯と変わらないくらいに見た目を回復できます。

■留意点
・ブリッジは、隣の歯を削らないと修復ができません。
・ブリッジは、削った歯は負担がかかりやすく歯の寿命を短くすることがあります。
・ブリッジは、隙間に食べ物がつまり、気づかずにいると不衛生になります。
・ブリッジは、前歯の場合空気がもれて話しにくくなることがあります。
義歯  

義歯


■良い点
・義歯は、多数歯にわたる欠損にも対応可能で比較的安くすみます。
・義歯は、外科手術が必要ありません。
■留意点
・義歯は、どうしても大きくなりがちなので、違和感が大きいです。噛む力を受け止めきれずに入れ歯が動くのでいたみがでやすくなり、結果として、噛むのに苦労する場合があります。
・義歯は、取り外して手入れをするのが心理的嫌悪感につながることがあります。
・義歯は、入れ歯の隙間に食べ物が入りやすいです。
・部分入れ歯の場合、支えとなる歯の負担が大きくなり、噛み合わせのバランスが崩れやすくなります。
・部分入れ歯の場合、バネが見えてしまい見た目が悪くなることがあります。
・義歯は、うまく話せないことがあります。
・義歯は、噛み合わせのバランスが崩れるとあごの骨が急速にやせてしまいます。

治療手順

カウンセリング ■カウンセリング

初診時にお口の全体検査(保険適応)をさせていただき、インプラント療法についてのご説明をさせていただきます。
そして、利点と欠点をよく整理して患者様のご要望を取り入れながら様々な治療方法を提示してインプラントの治療方針を決定していきます。
データ収集   ■データ収集

インプラント治療では、アゴの骨の状態を把握して予知性を高くするために当院提携先KEN DENTAL OFFICEで(東京 目黒区)CT(コンピューター断層撮影)検査行います。
CT料金(保険適応外・お支払いはKEN DENTAL OFFICEにて)20000円~。
インプラント埋入手術   ■インプラント埋入手術

インプラント手術当日の半日は一切他の患者様との約束はとらずに手術に集中します。
そして一般治療とは異なり、クリニック全体をオペ室と同様の状態にしてし処置を行うため術中の感染のためインプラントが失敗することはありません。
■セラミック歯作成

インプラント手術後、1~3ヶ月で仮歯の型取りをします。
だいたい1ヶ月半から4ヶ月くらいで仮歯が入ります。
(但し、仮歯が必要ない場合もあります。)最終的には2~6ヶ月で入ります。
セラミック歯作成
メンテナンス(定期検診)   ■メンテナンス(定期検診)

インプラント治療終了後、1ヶ月~3ヶ月おきに術後のフォローアップとして噛み合わせのチェックとインプラントのクリーニングをします。
もちろん残っている歯も細かくチェックしてこれ以上、お口の中に大きな変化がないように徹底的に予防していきます。

症例

症例1


右下奥歯が虫歯と破折してました。そのため、右下奥歯のブリッジの土台2本を抜きました。右下に2本のインプラントを入れて白い歯が入りました。
症例1

症例2


右下1本、左下2本歯を失っています。
右下1本、左下2本インプラントが入り噛めるようになりました。
症例2

料金

料金表

Q&A

Q1.インプラント手術は痛くないですか?

局所麻酔をしっかり効かせてから行いますので、インプラント手術中に痛みを感じることはありません。歯を抜く程度の手術です。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q2.期間はどれくらいかかるか?

骨の状態がよければ6週間、よくなければ3~6ヶ月です。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q3.インプラント手術には入院は必要ですか?

基本的に必要ありません。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q4.インプラントを骨に埋めて体に悪くないですか?

インプラント体はチタン製ですのでチタンアレルギーの方は避けた方がいいでしょう。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q5.どれくらいもつか?

1年を経過すれば、インプラント体と骨の結合がなくなることはほとんどありません。
人工の歯はある程度寿命もありますので交換しなければいけないことはあります。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q6.年齢に上限はありますか?

健康であれば制限はありません。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q7.全身的な病気がある場合は?

医科の主治医との対診をとって総合的に判断します。

回答:白水歯科院長 白水直樹

連絡先:東京都江戸川区東葛西5-43-3|TEL.03-3804-2686
しらみず歯科モバイルサイト [スマートフォン対応]、診療時間:(月~金)AM9:00~PM1:00/PM2:30~PM7:00|(土)AM9:00~PM1:00/PM2:30~PM5:00