小児歯科

しらみず歯科からお子様受診の保護者の皆様へ

しらみず歯科の小児歯科の目標はお子様達の乳歯列を健全な永久歯列へと育てていくことです。
大人の歯のかみ合わせは12歳臼歯(第二大臼歯)が生えそろってはじめて完成します。そのため、しらみず歯科では0歳から中学生くらいまでを小児歯科とくくり、健全な永久歯列を完成させるための正しい生活習慣を身につけていただいてます。
しらみず歯科の小児歯科では、保護者の方々に気軽に診療室に入っていただきたいと考えています。
しらみず歯科の小児歯科では、虫歯の予防方法について、各個人ごとに毎日の生活習慣などをうかがいながら詳しくお話します。そして、治療が必要な時はどんな事をするのか見ていただきお子様が頑張っている姿を励ましてほしいのです。
学校や幼稚園での集団検診で発見されて歯科医院にいくのではなく、虫歯がなくても、歯磨きなど正しい生活習慣を身につけていくためには小児歯科の定期的な検診(クリーニングとブラッシング指導とフッ素塗布)が必要になります。

保護者教室

お子様の口腔内の健康状態は保護者の方に大きく左右されます。 したがって、保護者の方は、お口の中の病気についての知識と 歯科医院の利用の仕方について身につける必要があります。
0~2歳 保護者教室:歯の構造、むし歯の成り立ち、むし歯の予防方法、間食について
3~7歳   一回目の保護者教室
歯の構造、むし歯の成り立ち、むし歯の予防方法、ブラッシング指導、後磨き指導

終了時の保護者教室
間食について、噛むことの重要性、定期健診について
8歳以上   予防教室
むし歯の成り立ち、間食指導、ブラッシング指導

終了時の予防教室
ブラッシングのチェック、間食指導

症例

症例1(第一期の症例)

前歯の反対咬合症例

症例2(第二期が必要な症例)

八重歯傾向の強い症例

料金

子供の矯正治療 料金表

子どもの歯の豆知識(Q&A)

Q1.何歳くらいに相談したらよいでしょうか?

一概に何歳とは言えませんが、2~3歳で反対咬合でなければ永久歯が生えはじめてくる5~6歳くらいがよいと思います。ただし、それまでに乳歯を虫歯にしないようにしっかり予防しておくべきです。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q2.何歳くらいからはじめたらよいでしょうか?

これも一概に何歳とは言えませんが、六歳臼歯が生えてさらに前歯4本が生えて来たらはじめるじきですね。6~7歳くらいにはじめる子が多いですね。ただ、それを過ぎてもしっかりとした診断のもとに処置をしていけば間に合います。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q3.痛いですか?

子供の取り外し式の装置は入れたあと1日くらい圧迫感があるくらいで、すぐ慣れてしまいます。大人の矯正治療で取り外しできない装置(ブラケット)の場合は装着した初日から3日間くらいは何ともいえない締め付けられるような痛みがありますがすぐに慣れます。およそ一ヶ月に一度のゴム交換後も1~2日程度痛みますが最初ほどではありませんし、まったく痛みのない方もいます。それ以外では、ブラケットが唇の内側に触れるので口内炎ができることがありますが専用の蝋で防ぐことができます。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q4.年齢制限はありますか?

歯と歯ぐきが健康であれば年齢に制限はありません。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q5.治療期間はどれくらいか?

しらみず歯科の小児歯科では、標準的には月一回の通院で1~2年です。骨格的な問題を含んでいる子供の治療は5年くらいかかる場合もあります。治療が終わっても保定期間といって動かした歯がもとに戻らないように、専用の取り外しのできる装置を使用する必要があります。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q6.治療費はどれくらいか?

しらみず歯科の小児歯科では、費用は症状によって異なりますが、簡単なものなら9万円くらいから可能です。子供の矯正(第一期)だけなら最大27万円と消費税になります。その後大人の矯正が必要になる場合(第二期)は、子供の矯正治療費用を大人の矯正治療費用から差し引きます。したがって、かかっても74万円と消費税になります。

回答:白水歯科院長 白水直樹

Q7.医療費控除の対象になりますか?

なります。交通費も含めて対象となりますので、国から返還してもらえます。 返還額としては10万円~40万円くらいと考えてよいでしょう。

回答:白水歯科院長 白水直樹

医療費除外について

Q8.歯を抜くことはありますか?

歯並びの悪さの原因の多くは狭いスペースに歯が入りきらなくなっていることです。例えば、3人掛けの椅子に4人、5人と座っているようなものです。そのような子供の矯正の場合には、あごの成長期と専用の装置を利用してあごを大きくすることで、できるだけ歯を抜かないようにコントロールしていきます。ただし、顎を大きくするのも限界があります。したがってあごを大きくする治療をしてもスペースができないときは歯を抜いてスペースを作って治療します。

回答:白水歯科院長 白水直樹

連絡先:東京都江戸川区東葛西5-43-3|TEL.03-3804-2686
しらみず歯科モバイルサイト [スマートフォン対応]、診療時間:(月~金)AM9:00~PM1:00/PM2:30~PM7:00|(土)AM9:00~PM1:00/PM2:30~PM5:00